増額申し込みでキャッシングを一層便利に

キャッシングでは、利用し始めたばかりの頃は利用限度額は少なめに、金利は高めに設定されています。本来キャッシングでは、年収の3分の1ほどの金額まで利用できるのですが、それがたとえば最初のうちは、年収の10分の1程度となっているのです。また金利は、借り入れ金額にもよりますが、100万円未満という場合は18.0%となることがほとんどです。

これは、利用者と金融機関との間で、まだしっかりと信頼関係を築くことができていないからです。金融機関としては、信用できない相手にいきなり大金を低金利で融資するわけにいはいきません。そのためまずは、少額を高めの金利で貸し付け、様子を見ているのです。

利用者は、借りたお金を期日までに返済するという誠実な姿勢を見せ続けていると、徐々に金融機関に信用してもらえるようになります。多くの場合は誠実な利用を6ヶ月以上続けると、信用度がアップします。

そしてその頃に増額申し込みをすると、金融機関に信用度について認められていれば、利用限度額の引き上げと金利の引き下げとが行われることになります。つまりより多くのお金が、低めの金利で貸し付けされるわけです。

また、その後も誠実な利用を続けていれば、再度の増額申し込みが可能となります。これを繰り返すことで、最終的には年収の3分の1ものお金を、低金利で借り入れできるようになるのです。