キャッシングの金利を下げるためには

キャッシングやカードローンで借り入れする時の利率は多くの金融機関は「年利6.0%から18.0%」と上限金利と下限金利が設けられています。借り入れする時は、この上限金利も下限金利も重要なのですが、始めて金融機関から借り入れする場合は、上限金利が適用されます。なので、借り入れする場合は上限金利を見比べてから借り入れする方が良いでしょう。何度か借り入れを繰り返えし、返済することにより、上限金利から少しずつ金利を下げて貸し出してくれるようになります。

キャッシングの金利を下げる方法として他にも100万以上に限度額を上げて金利を下げる方法があります。100万円以上の限度額に設定することにより上限金利が18%なのが15%に下がります。3%も下がるのは大きいのですが、今まで以上に借り入れできるので返済を滞ることのないように注意して利用することが必要になります。

一番金利を下げる方法として簡単なのは「おまとめローンを組む」ことです。おまとめローンとは複数社から借り入れしているのを一社にまとめ、返済していくことで、金利が低くなり、毎月の返済額も落とすことが可能になります。借り換えすることは個人信用情報がしっかりしていれば難しいことでありません。