持ち家を所有しているとキャッシングに有利?

キャッシングの審査にはさまざまな基準が存在しています。

審査の詳細は公表されておらず、金融機関によってその項目には違いがあると言われていますが、利用者の信用情報を確認する際に賃貸に住んでいる人よりも持ち家の人の方が有利になる場合もあるといいます。

これは持ち家があることですでに資産を所有しているということに加えて、生活費の中で家賃が発生しないためその分の収入を返済に回すことができ、返済能力があると判断されるためです。

持ち家の場合にはすぐに引っ越すことも難しく、踏み倒されるリスクも少ないと判断する金融機関も多いため、キャッシングの審査を行なううえで持ち家の方が有利という考え方は間違った見方ではないと言えます。